FC2ブログ
人生いろいろあるけど、あるがままを受けいれることが大切という故事成語
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
しみるなあ・・ 
「悲しみは笑いにまさる。顔に憂いをもつことによって、心は
良くなるからである。」伝道の書7:3

不思議な感じがします。憂いを持つことで何で心が良くなるんだい?
そう言いたくなります。

でもですね、悲しい事を体験すれば、人の痛みがわかるようになるのかもしれません。笑って過ごせれば、それもそれでいいのかもしれませんが、それだけだとつまらない人生かもしれません。

もしですね、笑顔が一番引き立つのは死ぬときなんじゃないかとか
思います。

まあ、死ぬことを考えても・・まずは生きること、人の悲しみを
自分の事のように受けとめられる人になりたい、今日この頃です。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

人生の目的
わたしも同感です。「苦しみにあったことはよいことです。これであなたのおきてを学ぶことができました。」詩篇119:71、この学んだことを神様の栄光のために用いていきたいです。
えみり | URL | 2005/09/22/Thu 04:07 [EDIT]
そんな、みことばもあったのですか・・勉強になりました。
K.I. | URL | 2005/09/23/Fri 19:19 [EDIT]

トラックバック
TB*URL




copyright © 人間万事塞翁が馬 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。