人生いろいろあるけど、あるがままを受けいれることが大切という故事成語
page top
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
言葉の大切さ 
寄らば大樹の陰、長いものには巻かれろ

そんな生き方をしてきた自分の半生を思うのです。
しかし北海道の人は基本的に独立心が強いのです。

価値観の違いを非常に強く感じるのです。

すっと関東という集会でH先生がこう話しておりました。
「学生達にはいつもこう話しています。『若いうちに言葉の通じない国へ行きなさい』」

自分は学生時代はあまり海外に行くこともなかったのだけれど、今更ながらこの言葉の意味を考えています。
おそらく海外経験の長い方はわかると思いますが、言葉がいかに重要なのかがよくわかるのではないかと思うのです。

北海道はもちろん日本語ですが、しかも限りなく標準語に近いですが
価値観の相違は言葉によるコミュニケーションでしか解決しえません。
それがですね、初めてわかったわけです。

遅すぎますかね~でも大切なことだと思うのですが。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示

not subject
ご無沙汰してます。

言葉分かってたって分からないことがたくさんあるしね。未だに。
そしてその場所に足を運んで、直に見てみないと分からないことが
確かに、たくさんある。
頭の柔らかいうちにそういうのを見とけ、ってことじゃないすかね。

ただ少しの旅行で自分の見なかったものを見る人はいるし、
何年いてもこんなんかよと思う人もいる(まあ自分のことだけど)。
遅くても早くても、分かるということが大切なのでしょう。
mitz | URL | 2006/01/26/Thu 22:10 [EDIT]
not subject
mitzさん、コメントありがとうございます m--m
頭も体も固くなってきましたが・・・柔軟体操が必要ですね・・。
k.i. | URL | 2006/01/28/Sat 19:21 [EDIT]

トラックバック
TB*URL




copyright © 人間万事塞翁が馬 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
custamize&material by
http://flaw.blog80.fc2.com


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。